バイトから始める | 出版に関連する仕事をはじめたいと考えている人のために
指さし

バイトから始める

出版社でいきなり正社員として採用されるのは、簡単なことではありません。出版業界は近年落ち込んでいますし、人気が高い業種なので求人の倍率も高いです。
少しでも正社員で働く可能性を高めるのであれば、学生時代から出版業界に携わるとよいでしょう。
編集者として働きたい場合には、出版社のアルバイトよりも編集プロダクションのアルバイトを始めましょう。編集プロダクションの方が様々な業務を任せてくれますし、実務経験が身に付きます。
最初は雑務ばかりですが、徐々に文章の作成や外注の依頼交渉などを任せてもらうことが出来るようになります。また、経験を積むことで環境にも慣れます。もし、自分が面白いと思う企画があれば上司へ提案し、それが見事採用されればステップアップすることが出来ます。

アルバイト経験を積むことで、2つのメリットがあります。
1つ目は、就職する前に仕事内容を知ることが出来るということです、憧れていた仕事に就く事が出来た場合、理想と現実のギャップを感じます。想像以上に大変だったという場合にはやめてしまう可能性もあります。
仕事内容を事前に知っておくことで、就職を諦めるか、就職を強く志願するかに分かれるでしょう。
2つ目は、就職に有利になるということです。アルバイトをしていた会社でそのまま働いてほしいと言われる可能性もありますし、他の会社へ行く場合でも経験を積んでいるので就職に有利です。アルバイト中に、出来るだけ多くの経験を積み、実務をこなすようにするとよいでしょう。