仕事内容 | 出版に関連する仕事をはじめたいと考えている人のために
指さし

仕事内容

特有の仕事

出版業界といっても、職種は様々です。出版業界で働きたいと漠然に考えるのではなく、出版業界で何をしたいのかということを明確にしておく必要があります。
職種を理解して、自分がほんとうにしたかったことを仕事にしましょう。
ここでは、出版業界ならではの仕事と出版業界に関係している仕事について紹介します。

関連職種

出版業界にしかないような仕事について紹介します。職種を理解して、出版業界の仕組みを知っておきましょう。
・制作
制作というのは、本の企画、制作などを主に行ないます。また、ライティングや写真撮影を外部に依頼する、デザインの編集なども行ないます。制作の中でも校閲というのは、原稿に全て目を通して、間違いがないかどうか確認をしたり、間違いを訂正したりします。
・編集
記事を作成している作家との企画の打ち合わせや執筆の依頼を行ないます。また、スケジュールの管理も行ないます。各部署との連携が必要になる職種です。
・営業
出版の取次会社や本屋などに、本を取り扱ってもらうための営業を行ないます。また、広告を掲載してもらうための広告営業なども行ないます。

出版業界特有の職種だけでは仕事は成り立ちません。特有の仕事に関連する仕事も多数存在します。
・経営企画
事業を成功させるための企画を考え、それを遂行します。また、予算の立案なども行ない、企業を経営するための中心部分となります。
・総務
経営の管理、電話応対、来客応対などの一般事務を行ないます。
・人事
正社員、アルバイトなどの採用や人事評価や育成などを行ないます。