働くために | 出版に関連する仕事をはじめたいと考えている人のために
指さし

働くために

編集者になりたいという場合には、3つの方法があります。
まずは、編集者になるための方法をお教えします。
・出版社へ就職
出版社で就職したいという人は多いので、非常に倍率が高く、難易度が高いです。出版社へ就職したいのであれば、自分の得意分野があり、その専門知識を持つよいでしょう。そうすることで、専門分野に関する仕事を任される可能性があります。
・編集プロダクションへ就職
出版社の下請けとなっているのが編集プロダクションです。将来的に出版社で働きたいという場合でも、編集プロダクションで経験を積むことで採用されやすいです。出版社と同じように専門知識があれば就職に有利です。
・フリーで活動
フリーで活動するとしても、経験がなければ仕事が出来ません。そのためにも、出版社や編集プロダクションで経験を積むこととなります。人脈を広げることで仕事を獲得しやすいです。

昔から編集者になりたいという夢を抱いているのであれば、編集者になるためにはどういったスキルが必要か?ある程度は調べていると思いますが、このページでも紹介します。
この大学に入れば有利というものはありませんが、偏差値が高いところを採用する傾向にあります。また、学部に関しても採用にはほとんど関係ありません。
最近では学歴を問わない出版社も増えていますので、ハードルが低くなっています。
資格も取得しておくと有利なものはありません。ただ、資格はありませんが、物事を追求する好奇心や探究心がある人が求められます。